葬式について

最近は自由度の増した葬式が増えて来ました

一昔までは、葬儀と言えば、人生最後の終焉の儀式であるため、形式もある程度特定されていました。
しかし、最近の葬式と言えば、故人の意思がそのまま現れることが多くなりました。
奇妙奇天烈な葬儀と言えば、故人の好きな音楽を流しながらの音楽葬であったり、葬式の形式にとらわれない個性的なものが増えたと聞きます。
しかし、私が一番感じるのは、葬儀の形式でなく、葬儀の形態です。
大きな葬式は、この時勢に合いません。
残った家族に負担を掛ける葬儀は、望まれない方が多くなって来ました。
最近よく聞く家族葬も、その一つの形態です。
残った家族に負担がかからないように、こぢんまりとした別れの会でいいと感じている方が多いでしょう。
ある意味、この平成の時代にあった葬儀です。
個人付き合いが、家族に負担を掛けない形態が、現実社会に即します。
家対家の付き合いよりも、個人と個人の付き合いに主軸がある現代社会では、故人の交友関係も、知る由もないのが現実です。
毎年の年賀状も、終活と称して、その規模も少なくされているのが、故人の遺志でもあるからです。
葬式の形態が自由に増えたのは、現代社会にとっては、より現実的な選択になったと言えます。

Copyright© 葬式 All Rights Reserved.